研究活動一覧

ACTIVITY

アーチプロジェクトを推進する3つの研究部門

インフラ社会システム研究部門

インフラ基盤技術研究部門

防災技術研究部門

インフラ社会システム研究部門

インフラ社会システム研究部門では市民参加による地域インフラのあり方に関する研究を行います。
本部門の研究を通じて、市民参加型地域づくりの仕組み、地域づくりに自律的に参加する人材の育成手法、地域産業・文化の担い手育成手法の提案を目指します。また、人口減少社会における安全・安心・快適な生活や地域産業の発展のための各種インフラのあり方について提案して、地域の魅力を高めることを目指します。

市民参加型地域づくりのための仕組みづくりと人材育成手法に関する研究

人口減少社会における地域インフラのあり方に関する研究

インフラ基盤技術研究部門

インフラ基盤技術研究部門では北東北における持続可能なインフラ基盤を構築するための技術開発に関する研究を行います。
本部門の研究を通じて北東北における社会基盤施設の高耐久化・長寿命化および、それに関わる点検・診断、劣化・損傷評価の高度化を目指します。 また、地域特性を考慮した社会基盤システムの高度化・最適化を目指します。

寒冷地インフラの老朽化メカニズムの解明と対策技術の高度化に関する研究

寒冷地インフラの点検・計測・評価技術の開発と実用化に関する研究

寒冷地あるいは人口減少社会のインフラの高度化・最適化技術と維持管理システムに関する研究

防災技術研究部門

防災技術研究部門では主に科学技術研究をベースにして北東北地域における「地震・津波防災」・「雪氷・豪雨災害」・「火災」に対する防災・減災・災害予測の効果を高める研究を行います。
地域の地盤構造・地形だけでなく、北東北地域特有の雪害特性を把握し、被害予測・減災技術を可能にする技術の高度開発を目指します。また、北東北地域における火災性状に適した消防設備や機器開発の方向性提示、火災コンクリート等の長寿命化を可能にする技術開発を目指します。

地域の地震・津波防災に関する研究

地域の雪氷・豪雨災害に関する研究

地域の火災に関する研究