遡上津波による被害予測と被害提言のための構造物の高度化に関する研究

津波防災においては、遡上津波による構造物の被害が多数発生します。地域の津波防災を検討する上では、まず遡上津波の範囲・流速・構造物に与える流体力などの予測が必要となります。本研究では、これらの流体力の予測を元に遡上津波による陸上構造物の被害予測手法を開発します。さらに、橋梁・道路・港湾構造物・建築構造物を対象として津波による被害を低減するための構造物高度化技術の開発を行います。 また、津波による被害を低減するための防潮堤についても技術開発を進め、これらの組み合わせによる津波被害の低減に貢献することを目指します。

研究代表者:金子 賢治