Deep Learningを用いた橋梁の劣化評価手法の構築

橋梁は人々の暮らしを支える重要な公共構造物の1つです。老朽化した橋梁は、新規に架け替えるわけではなく、保守・補強・修繕を行うことで期間共用の年数を伸ばしています。適切なタイミングでの補強・修繕を行うためには、その橋梁の健康状態(劣化損傷)を正確に把握することが必要不可欠であるため、技術者が目視により確認する維持管理体制を整えているのが現状です。そこで本研究では、技術者の目視点検を行う際に収集する写真データに着目し、その調査記録から橋梁の損傷劣化程度を自動的に予測するシステムを構築します。

研究代表者:高瀬 慎介