地盤の凍結融解・凍上による劣化メカニズムの把握とその対策手法の開発

寒冷地では、地盤中の水分が凍結することに起因する凍上や凍結により、地盤材料が劣化します。材料劣化が生じると地盤構造物全体の力学的安定性が低下し、地震や大雨により破壊する可能性が高まります。本研究では、地域特有の土である高舘ロームの凍上による材料強度の低下を定量的に把握し、凍上劣化に起因する斜面表層の脆弱化について、室内試験と原位置試験・数値解析により検討を行います。また、セメント等で改良された土についても凍結融解に起因する強度低下を把握し、これらの強度低下が生じない対策手法の開発を目指します。

研究代表者:金子 賢治